5Gの通信規格

2020年06月20日(土曜日) 13:58

そういえば5G、5Gってよく言いますけど通信規格について調べてなかったな―と思いまして。

こういうものはGoogle先生に聞けばだいたい解説サイトが引っかかるので軽く調べてみました。

 

4GではLTEと呼ばれていましたが、5GではNR方式と呼ばれるらしいですね。

周波数帯も4Gの時より高周波数帯となり、日本国内ではn77/n79/n257の3種類が策定されているとか。

この内n77/n79はSub6と呼ばれるそうです。

n257だけは超高周波数で制御が難しいのでドコモでは遅れてサービスインするらしいですね。

先日ドコモで機種変更を行った(手続きだけで端末自体はまだ手にしていませんが)XPERIA 1 IIはこのn257には対応せず、n77/n79のみに対応するとのこと。

ふむふむ。

あと今後は今4Gで使っている周波数帯も使えるようにしていくようになるかも……?という感じでした。

周波数帯網羅をするには多分もう1回(エリアが広がってくる頃)は機種変更する必要が出てきそうですね。

 

ついでに分かったことですが、5G契約にするとドコモの場合3G(W-CDMA方式)はブロックされるみたいですね。

2026年停波予定なのでまぁ、ここは諦めるか。

一応4G契約の回線も持っていますしね。

 

auやソフトバンクの5Gもいずれはカバーしていきたいので、この辺の動向は注視していきたいと思います。

 

 

ちなみに今のカバー状況はこんな感じ。

【4G】

BAND 01 03 08 11 18 19 21 26 28 41 42
docomo
au (UQ)
Softbank (Y!)
Rakuten

 

【5G】

BAND n77 n79 n257
docomo
au
Softbank
Rakuten

 

4Gは全カバーまであと少しといったところですね。

GALAXY Noteの新機種に期待……かな。



関連する記事
コメント
コメントする